日本のモノづくりを支える為、

高速切断機総合メーカーとして
社会貢献します

日本は高度成長期以降、“モノづくり” で成長してきました。
高齢化が進み人口減の現在では、今までのような産業の成長は期待できません。
しかし、これから目指す成熟した社会にとっても、「鉄工材料を使った構造物、機械・装置」は決して無くなることはありません。
私たちは、「鉄工材料の切断」の“総合メーカー”として、「お客様のニーズ」に合った切断機を今後も提供してまいります。

“顧客ニーズに応える機種展開”

  • 小型~大型切断機

    小型~大型切断機

    砥石径 φ305~φ660

  • 角度切り切断機

    角度切り切断機

    0°~70° 左バイス型、右バイス型

  • 集塵機付き切断機(小型~大型)

    集塵機付き切断機(小型~大型)

    砥石径 φ305~φ610

  • 角度切り集塵機付き切断機

    角度切り集塵機付き切断機

    砥石径 φ405~φ455、左バイス型

  • 注水式切断機

    注水式切断機

    砥石径 φ255~φ455

  • チップソー切断機

    チップソー切断機

    チップソー径 φ305~φ355

昭和機械工業の製品特長

Advantage

高速切断機(乾式、湿式)、チップソー切断機(鉄工用)

  • 多様な材質、材料を切断できる

    特殊金属、複合材料、ガラス、セラミック、他

  • 職場環境、安全衛生に対応した機種がある

    実績のある「コンパクトな集じん機」を搭載した切断機

  • 長尺材料を動かさずに角度切りができる

    0~70°の任意に角度設定可能、「集じん機付き角度切り」の機種もあります

  • チップソー切断機は刃の寿命大幅に伸ばすことができる

    独自の機構により「チップ欠け」を防止します

会社概要

Information

企業名 昭和機械工業株式会社
代表者 代表取締役 丸山 康世
所在地 大阪府堺市西区築港浜寺西町7番地
資本金 1,000万円
業務内容 一般産業機械製造業
生産品目 各種高速切断機
チップソー切断機
各種製缶
企業特性 上記製造品をSKブランドにて全国機械工具卸商社に販売
主要設備 旋盤、フライス盤、卓上ボール盤、ラジアルボール盤、タッピングマシン、ガス溶接機、電気溶接機、塗装ブース、シャーリング、ブレーキプレス、プレス、スポット溶接

沿革

History

昭和35年3月 個人経営創業
昭和46年7月 法人組織 資本金200万円
昭和49年7月 資本金400万円 増資
昭和52年3月 現在地に工場新設移転
昭和63年7月 資本金500万円 増資
平成7年7月 資本金1000万円 増資
平成15年7月 第2工場 増設

サポートの質にも自信あり

お気軽にお問い合わせください

  • うちの材料切れるかな?
  • 切断コストどれくらいかな?
  • サンプルカットしてくれないかな? … etc